Mariah Careyの歌声の復活を切に願う

年末にね〜、話題になりましたね。Mariah Carey(マライア・キャリー)がタイムズスクエアカウントダウンイベントで口パク大失敗だったって。
abcnews.go.com



※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※

今回の経緯

明らかに口パクのAuld Lang Syne(蛍の光)で登場した後。Emotionsで唄うこともできずに虚しくステージをうろうろするばかり。「(イヤホンから音が)聴こえない」「この曲サウンドチェックしてないのよね。だから、この曲は1位になったってことだけ言っておくわ」「ボーカルの一部が入ってない」と言い訳しながら観客に歌わせようとしても失敗、虚しく響く録音のホイッスルボイス、ダンサーに「フリップして。やり方わかるでしょ」と指示したり、「頼むからモニターつけてよ」と文句を言ったり...。その後のWe Belong Togetherでは口パクであることを隠そうともせず、開き直っちゃってます。※コピペ・引用・転載お断りします※
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
直後のツイート↓


※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
「トラブルは起きるもの? みんな、幸せで健やかな新年をね!? 2017年のたくさんのニュースの種に乾杯? 」
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
その後の言い訳↓
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
「大晦日に起きた事態について、まだきちんと対処していません。そのうちするつもりです。だけど今は、皆にわかってほしい。私は大晦日にニューヨークに心弾ませながら来て、世界と一緒に祝う瞬間を楽しみにしていました。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
テクニカル面に問題があり、私たちがコントロールできないという状況を利用することを選ぶようなプロダクションチームの手に委ねられてしまったのは、残念です。タイムズスクエアのど真ん中で、喧騒、凍えるような寒さ、スモークマシーンから出る煙、祝福に湧く何千という人に囲まれて、イヤーモニターが全く機能しない中で、生で歌い、ちゃんと自分の音が聞けるなんて、シンガーにとって現実的なことではありません。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
聞いて。私は失敗させられたの。それが私や、私と一緒に新年を迎えることにわくわくしていた人全員に屈辱を与えるチャンスになってしまった。いずれ、聞きたい人にはもっと詳しく説明します。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
傷ついたってことは否定できない。だけど、乗り越えようとしてるし、この間にも支えてくれるファンや本当の友人たちには、心から感謝しています。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
メディア、ソーシャルメディアとは少し距離を置くつもり。プロとしての義務は果たすけどね。やっと自分の時間や愛する人たちと一緒にいる時間が持てる、そして3月に控えてるツアーの準備ができる大切な時期なの。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
皆、支えてくれてありがとう。業界の友だちもありがとう。ファンの皆もありがとう、いつでも応援してくれて。あなたたちがいない人生なんて想像できないし、あなたたちはいつだって私の一部よ。皆のためにまた歌うのが楽しみです。」
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
Mariahのマネージャーが言うには
・サウンドチェック(リハ)には、Mariahは端の方でイヤーモニターをつけて参加してた
・そのとき音が途切れがちだと指摘して、対処することを約束してもらった
・けどプロダクションチームはこれまたちゃんと作動しない替えのイヤーモニターを持ってきただけだった
らしいですが。他にも「口パクっていうのは全く歌わないことを言うんだから、あれは口パクじゃない」とか何とかいろいろコメントしたみたいです。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
イヤーモニターはちゃんと機能してたし、この失態はMariahがサウンドチェックを顔を出した程度で済ませ、アシスタントに任せたせいだという関係者の反論もあります。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
どっちでもいいけど悲しすぎるステージだったことに変わりはない。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
2014年もロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式のパフォーマンスがヒドイって叩かれてました。
Mariah Carey - All I Want for Christmas Is You (Live at Christmas In Rockefeller Center - 03.12.14) on Vimeo

もう歌えないの?ABC ニュースの特集

私、Mariahの歌が大好きです。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
2006年のライヴに行ったときは感動で涙を流した。(一部口パクもあったけど)
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
でも、2014年のライヴでは心底がっかりした。6割は口パク、残り4割の生歌もひどいクオリティで...。すぐ「あ、歌ってる」とわかるほどの。その時もマライアが日本のライヴでやらかした!と世界でニュースになっていた。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
もう、少なくともライヴのような場で以前のように声が出ないのは明らかだと思います。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
こんなABCニュースの特集を見つけました。2014年のロックフェラーセンター事件を受けてのもの。
abcnews.go.com
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
多くのブロードウェイスターを教えるボーカルコーチのMatt Farnsworth(マット・ファーンズワース)氏もMariahについては「病気だな」が最初の印象だと。Mariahほどのスター歌手でも、調子が良くないときや大勢の人前で歌うときというのはものすごくストレスがかかって、ストレスで呼吸がきちんとできないと、管楽器である声にも影響するんだ、とのこと。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
以前別の番組でMariahが喉のお医者さんに診察してもらう様子が放送されていたみたい。声帯が少し腫れてるから活動を控えめにするように言われてますね。
そういえばJohn Mayer(ジョン・メイヤー)も肉芽腫に長いこと苦しみましたねぇ。映像の中の女性医師によると、健康的に休んで食べることが健康的な声を維持する秘訣らしい。Mariahのように力強く歌えば歌うほど喉は傷つくもの。年だから仕方ない、というわけではなくて、適切にケアされれば治すことは可能なものなんだそうです。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
喉のトラブルで手術した人としてはKeith Urban(キース・アーバン)、KISSのPaul Stanley(ポール・スタンレー)、Adele(アデル)が挙げられています。手術すりゃいいってもんでもなく、みんな一番大切な"資産"である喉にメスを入れるというリスクを選んだということ。
Adeleは手術後に歌い方をトレーニングし直して、ちょっと前とは違う歌い方をしてるけど、より健康的に歌うようになったと解説されてます。本人も「こんなにスムーズに歌えて、ステージでビクビクしなくていいのは初めてかも」と語ってますね。※コピペ・引用・転載お断りします※
映像にはないけど最近の歌手だとMeghan Trainor(メーガン・トレイナー)やSam Smith(サム・スミス)も手術を受け、いずれも無事にステージに戻ってきました。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
だけどサウンド・オブ・ミュージックのJulie Andrews(ジュリー・アンドリュース)のように、手術でキャリアが終わってしまった例もある。1997年に手術に失敗して、音域が狭くなって音をキープすることができなくなってしまい、以来公の場でパフォーマンスすることは稀だそうです。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※

だけどそれでも

Mariahの声の不調の原因は、はっきりわかりません。
必要なのは休養?手術?ボイストレーナー?生活の改善?
(アルコールや処方薬への依存も噂されているので)
離婚のストレスなど、精神面の影響もあると思います。
全部かも。※コピペ・引用・転載お断りします※
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
身体も心も治そうとすれば、犠牲にしなきゃいけないものもあるでしょう。
自分が問題を抱えていることを認める勇気。傷つくプライド。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
だけどそれでも、若い頃と全く同じじゃなくてもいいから、また気持ちよく歌えるようになってほしい。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
私が繰り返し聴いて聴き惚れた数々の曲を、思いどおりの音で描いてほしい。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
Mariahファンの一人として、復活を切に願わずにはいられません。
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
Mariah Carey - Butterfly Intro / Emotions ( from Around the World)
Mariah Carey - Butterfly Intro / Emotions ( from Around the World) - YouTube