Ugly Love by Colleen Hooverを読みました

前回に続けて最近読んだおすすめ洋書のレビューを♪


Ugly Love by Colleen Hoover

Ugly Love

Ugly Love

※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※

  • おすすめ度 ★★★★★
  • 英語難度 中級
  • ジャンル コンテンポラリー(現代)、恋愛

※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※
Colleen Hoover (コリーンフーヴァー)は初めて読む作家さんでした。女性です。
いやー、すっっっごいおもしろかった!!!
※コピペ・引用・転載お断りします※

看護師の学位を取るためサンフランシスコの大学院に通うことになったテイト。
住むところを見つけるまではパイロットの兄のマンションに転がり込むことにする。
看護師として働きながら博士号を取るための勉強にも勤しむテイトが居候先のマンションで知り合ったのは、兄の友人でパイロットのマイルズ。
お互いに魅力を感じながらも、愛を求めないマイルズと、愛する時間がないテイトに残されたのは、セックスという選択肢。
※コピペ・引用・転載お断りします※
過去を探らない。
未来を期待しない。
※コピペ・引用・転載お断りします※
簡単に守れるシンプルなルールが、次第に手に負えなくなる。
※コピペ・引用・転載お断りします※
乱れる心、破られるルール、守れない約束。
愛が醜くなっていく。

※コピペ・引用・転載お断りします※
といった感じのストーリーです。
※コピペ・引用・転載お断りします※
単純な文章なのに感情の表現がすごく瑞々しくて、一気に読んでしまいました。
時には簡単なたった3つの単語がすべてを語る。
※コピペ・引用・転載お断りします※
何がどこにあってどれくらいの大きさで、と詳しく書いてあるわけじゃないのに、
どんな部屋なのか景色がぱっと浮かぶ
感情の機微が痛いほど伝わってきて、
胸を抉られるような、核心を突くような率直な言葉が響く。
※コピペ・引用・転載お断りします※
私の「いい小説」の基準に当てはまりました。
※コピペ・引用・転載お断りします※
こんな一説が響きました。

愛が常に美しいとは限らない。愛がいつか、何か違うものになればいいと願い続けていることだってある。より良い何かに。そして、自分でも気づかないうちに、ふりだしに戻っている。その途中のどこかで心を失くして。

※コピペ・引用・転載お断りします※
あ、ちなみにけっこう生々しくエロいラブシーンがたくさんあります。
Fifty Shades of Grey (フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)的な感じかしら・・・
(映画しか見てないけど)
※コピペ・引用・転載お断りします※
今のところ映画じゃないので家族と見て気まずい、
みたいのはないかもしれませんが貸し借りするときは相手を選んだ方がいいかな(笑)
※コピペ・引用・転載お断りします※
英語は比較的簡単なので中級くらいでもいけるんじゃないでしょうか。
翻訳版はまだ出ていないようです!
※コピペ・引用・転載お断りします※
というか日本で人気ないのかしら?
New York Times (ニューヨークタイムズ)が出すベストセラーリストに載るような人気作家さんなんですけどね。
※コピペ・引用・転載お断りします※
日本語に翻訳されているのは
「そして、きみが教えてくれたこと」 (原題: Slammed)
という作品しかないようです。
※コピペ・引用・転載お断りします※
HopelessPoint of Retreat (Slammedのシリーズ)など他の作品もおもしろそう。
Wikipediaによると”New Adult”とか”Young Adult”のジャンルのようです。
(私あまりジャンル気にしないのですが。ご参考程度に。)
※コピペ・引用・転載お断りします※
ちなみに「今のところ映画じゃない」とは書きましたが、
映画化に向けて何かしら動きはあったようで、
Nick Bateman(ニックベイトマン)がMiles役で発表されていました。


Nick Batemanは「世界で最もハンサムな顔 2016」で37位になったそうな!
ニンジャタートルズに憧れて4歳で空手を習い始め、
馴染みがなさすぎてよくわからないけど格闘技系の世界タイトルも4つくらい持ってるらしいです。
※コピペ・引用・転載お断りします※
映画は2016年公開予定になってるけど遅れてるのかな?
と、思ったら今年の6月に製作中止が発表されてました。

製作費が足りなかったのか?
なんだかこの後トラブルでモメたりしてるようですね・・・
※コピペ・引用・転載お断りします※
制作会社が製作費の寄付を募っており、たくさんの人が寄付した様子。
が、既にこの制作会社に映画化の権利はなく、寄付しないで!と後日呼びかけています。
既に寄付してしまった人には、

自分は映画の金銭面には全く関わっていないからお金を返したりすることはできないし、このキャンペーンに私は関わっていないんだけど、それでもこの制作会社を選んだ自分の選択をみんなが信じてくれたことに責任を感じるから、せめてものお詫びに寄付の領収書を送ってくれたら、Tシャツとサイン本をプレゼントします

とのことです。
※コピペ・引用・転載お断りします※

こんなトレーラーまで作ってたのにね。
ちなみにTateがCAさんにしか見えないんだけど、設定変わってる?
※コピペ・引用・転載お断りします※
とりあえず映画化される話が出たくらい人気作品ですよー!!
別の制作会社の手に権利が渡って、無事に映像化されるといいんですけどね・・・
※コピペ・引用・転載お断りします※
他の作品も映画化や舞台化が中止になったりしていて、
ちょっとかわいそう。
※コピペ・引用・転載お断りします※
いろんな意味でColleen Hooverの成功を祈ります!
※コピペ・引用・転載お断りします※※コピペ・引用・転載お断りします※